ホーム > 痛みでお悩みの方

体の痛みでお悩みの方へ

体の痛みでお悩みの方へ
慢性的に痛みや辛さを抱えている方に、選ばれています。

当院では打撲や捻挫といった急性的な疾患よりも、慢性的に痛みや辛さを抱えているといった方に選ばれています
もちろん急性的な疾患で痛みが酷いといった場合は、アイシングやテーピングによる固定など、適切な処置を施しますのでご来院ください。

急性的な疾患の方

特徴その1:お子さまから高齢者まで
当院は住宅街のなかに立地していることから、近隣住民のかかりつけとして活躍しております。
高齢のご家族が転倒して捻挫をしてしまった・お子様がスポーツ中に打撲してしまったなどの場合、お電話のうえご来院ください。

特徴その2:夜8時まで開院中
一般的な病院は夕方で終了してしまいますが、当院は夜8時まで開いております
脱臼や肉離れなど翌日まで待てない痛みや、救急病院へ行くことを迷っている方などは、当院へお越しください。

急性的な疾患への基本的なアプローチ方法
急性的な疾患への基本的なアプローチ方法

急性的な外傷の場合、応急処置の方法としても有名な「RICEの法則(REST・ICE・COMPRESSION・ELEVATION)」に則り、冷やすことが先決となります。

そのためまずは氷嚢で患部を冷やし、その後テープなどで固定していきます。

また、入浴をしない・患部を心臓よりも上に上げるなどの回復のポイントがございますので、ご自宅での処置方法も併せて指導させていただきます。

症状と通院期間の目安
  • 捻挫・打撲・肉離れ・骨折・脱臼など…急性期は、週5回以上の通院が望ましいです。

慢性的な疾患の方

特徴その1:原因不明の痛みなら当院へ
当院近隣には高齢者の方も多く、原因不明の慢性的な痛みを抱えている方も多いようです。
ご家族のなかに整形外科などに通院してもなかなか良くならないといった方がいらっしゃる場合は、一度私のところへお越しください。

患者さまの身体に合わせて鍼・整体・リズム調整法などの手技を組み合わせ、痛みのない元の身体へと戻すお手伝いをさせていただきます。

特徴その2:訪問治療も行います
痛みで動けない・歩けないなどの場合は、往診に伺いますのでご連絡ください。
特に高齢者の方など、お一人で来院することが困難な方に喜ばれております。
※訪問治療時には、布団(ベッド)とバスタオル2枚のご用意をお願いしております。

慢性的な疾患への基本的なアプローチ方法
慢性的な疾患への基本的なアプローチ方法

慢性的な疾患の場合、急性的な疾患とは異なり温めることが重要です。
ホットパックや小型アイロンを使用して患部を温め、まずは硬くなってしまった筋肉を緩ませていきます。

その後は、鍼・整体・手技などの施術を施すことで、身体の状態をマイナスからゼロへと戻していきます。

良い身体の状態とは?
良い身体の状態とは?

私は患者さまに、「良い身体とは、睡眠によって前日の疲れをリセットできる身体のこと」だとお話しています。
疲れやストレスは日々蓄積していきますが、その疲れが体内に多く蓄積し過ぎたりリセットする力が弱っていると、身体が悲鳴をあげてしまうのです。

私たち整骨院・治療院の役目は、そんなリセットする力を患者さま自身が取り戻すこと。
施術によって身体を治すのではなく、身体を良い状態へと導くためのお手伝いをさせていただいております。

症状と通院期間の目安
  • 原因不明の肩こり・腰痛…3回1セットを基本通院回数の目安としております。
  • 膝など関節の痛み…体重の付加が原因で痛みを伴う方は、週2~3回・2~3ヶ月間の通院を目安としております。
  • 倦怠感…症状によりますので、詳しくはお問い合わせください。
  • 野球肩・テニス肘…急性期は、週5回以上。
    慢性期は症状によりますので、詳しくはお問い合わせください。

    ※患者さまの状態により、通院頻度は変わります。
アクセス



〒112-0006
東京都文京区小日向3-18-8

お問い合わせ 詳しくはこちら