ホーム > 院長紹介

院長紹介

院長紹介
四半世紀磨いた腕で、痛みのない体づくりのお手伝いをいたします。

院長ごあいさつ

院長ごあいさつ
ホームページをご覧いただきありがとうございます。
「秀和整骨院・秀和治療院」院長の照内秀一です。

鍼灸師としての経験は25年以上、その後、柔道整復師の資格を取得し、長年この仕事に携わっております。

1987年から1999年までの11年間を文京区で、それから移転2014年春までは中野の地で15年間整骨院・治療院を営んでおりましたが、2014年7月より、再度文京区に移し、新しいスタートを切りました。
移転したことにより従来の整骨院・治療院では難しい「時間をかけた丁寧な施術」を当院のコンセプトとしております。

当院は住宅街のなかとアットホームな環境にあるため、近隣の方たちに親しまれる整骨院・治療院に成長していければ幸いです。
病院では何とも無いと言われたがとにかく身体が辛いという方は、一度私を頼ってみてください。
長年培った技術で、皆さまの身体の不調にお応えいたします。
院長:照内秀一
経歴
昭和61年10月鍼師・灸師 資格取得
昭和62年11月秀和治療院 開設
平成元年4月柔道整復師 資格取得
 秀和整骨院を併設開院
平成11年秀和整骨院・秀和治療院を中野区に開院
平成26年秀和整骨院・秀和治療院を文京区に移転
天職となった両親のススメ

実は「鍼灸師になろう!」と思いこの道に進んだ訳ではありません。
将来をどうしようかと考えているときに、両親から鍼灸師の資格取得を勧められたことがきっかけでした。

その後、鍼灸師だけでなく柔道整復師の資格も取得したほうが良いと鍼灸師仲間から誘われたことがきっかけとなり、柔道整復師の資格取得を目指したのですが、まさか柔道の実技試験があるとは思ってもいませんでした。
ただ、幸い講道館が当院近くだったこともあり、無事に柔道整復師の資格を取得することができたのです。
このように自ら進んで選んだ道ではなかったものの、「天職」に巡り合ったのかもしれません

長年この仕事をして感じることは、患者様のなかには、話を聞くだけでも痛みが和らぐ方もいるということです。
痛みや辛さを分かってくれる人がいるだけでも、痛みは軽減するのだと、ひしひしと感じます。
そのため整骨院・治療院にとってコミュニケーションは、無くてはならないもの。
だからこそ移転をきっかけに、より患者さまに寄り添った施術を心がけているのです。

“心地よい施術”を心がけています

心と身体は繋がっているため、痛いと感じれば痛みは増幅しますし、心地よさを感じれば痛みは軽減します。
例えば私が得意としている鍼治療の場合、恐怖感の強い患者さまは施術後改善に繋がらない場合もあるのです。
そのため、いかに心地よく施術を受けていただけるかが、回復への鍵なのではないでしょうか。

慢性的な疾患の場合、まずは温めることが重要であることから、ホットパックやアイロンを使用して患部を温め、筋肉の緊張をほぐすことからまずは行っていきます。
もちろん患者さまの状態によって施術方法は変わりますが、嫌がることを無理やり強要することはありません
皆さまとお話をしたうえで、心地よく感じられる施術を提案し、選択していただければと考えております。

アクセス



〒112-0006
東京都文京区小日向3-18-8

お問い合わせ 詳しくはこちら